TOP > 間税会とは > ■間税会の活動方針

■間税会の活動方針

 平成30年1月発行の全間連会報の年頭に当たっての会長の挨拶に、全間連の活動方針が述べられていますので、会長挨拶の全文を掲載します。


新年のご挨拶
全国間税会総連合会会長 大谷信義  
 
  平成30年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 会員の皆様には、旧年中、当連合会の運営につきまして、格別のご尽
力を賜り、ありがとうございました。 
  また、国税ご当局の皆様には、当連合会に対しまして、深いご理解と
多大なご支援を賜り、誠にありがとうございました。厚く御礼を申し上
げます。
 さて、昨年は、10月に消費税増税分の使途変更と北朝鮮への対応など
について国民審判を受けるため、衆議院の総選挙が行われました。その
結果、自民党・公明党による政権が維持・継続されることとなり、教育
無償化などを柱とした「人づくり改革」などに取り組んでいくこととさ
れております。
 一方、我が国を取り巻く世界情勢を見ますと、北朝鮮の核・ミサイル
開発を巡り、経済制裁の圧力強化が強く求められており、世界的に緊張
感が、益々、高まってきております。
 また、日米の貿易赤字の削減を巡って、今後、トランプ政権が貿易不
均衡の是正や投資環境の改善などを求めてくることも考えられます。
 安倍政権には、このような国内外の諸情勢の変化などを踏まえ、国民
が安全で安心して暮らせる社会を堅持するとともに、日本経済にとって
プラスとなる経済対策を講じるなど、国益にかなった「カジ取り」を強
く期待しております。
 さて、私ども間税会に関わりの深い消費税につきましては、平成31
10月から税率の10%への再引上げと、「飲食料品」と「新聞」を対象
とした軽減税率制度が導入されることとなっております。
 全間連では、消費税率の引上げの際に問題となる低所得者対策につき
ましては、軽減税率制度はその対象選定に合理的な基準を見出すことが
困難であるとともに、負担軽減額から見れば、高所得者ほど受ける恩恵
が大きくなり、本来の低所得者対策にはならないことや、事業者の事務
負担も増加するなど様々な問題があると考えております。
  したがって、従来から消費税率は単一税率とし、低所得者対策につき
ましては「給付付き税額控除制度」によるよう提言してきているところ
であり、引き続き、「単一税率の維持」を強く求めているところです。
 その一方で、全間連は税務関係民間団体として、円滑な税務運営に協
力することを基本理念として活動している団体であります。
 したがって、提言活動とは別に、軽減税率制度の説明会の開催など、
消費税を始めとする税に関する周知・啓発活動につきましては、引き続
き、積極的に取り組んでいく必要があると考えておりますので、会員の
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 また、全間連では、平成3110月からの消費税率の10%への再引上
げと、軽減税率制度の導入を控え、消費税の会である間税会の果たすべ
き役割が、益々、高まってくることを踏まえ、会活動を活性化し、財政
基盤の強化を図る観点から、平成
264月以降の「最重点施策」に引
き続き、平成
29年度以降も「最重点施策」を3点決定しました。
 3点の最重点施策(@消費税完納運動の更なる推進、A消費税の啓発活
動等の拡充、B会員増強による組織拡大等
)は、いずれも消費税の関係団
体である間税会の活動としては、極めて重要な活動方針であると考えて
おります。
 したがって、これまでの取組状況などを分析・検証し、最重点施策の
実現に向けた、より実効性のある取組みを積極的に展開されますよう、
よろしくお願い申し上げます。
 また、従来から大変好評を博しております「世界の消費税」図柄刷込
みクリアファイル等につきましては、会員の皆様のご協力により、平成
29年度も前年度と同数の100万枚を作成することができました。
 今後とも、クリアファイル等の有効活用に努めていただきますととも
に、クリアファイル等のDVD版も活用した「ミニ租税教室」の開催な
どにも、積極的な取組みをお願い申し上げます。
 そして、「税の標語」の募集活動につきましても、会員の皆様のご尽力
により、平成
29年度の応募点数が前年度に比べて約72,000点も多い約
42万点と大幅に増加するとともに、募集活動に参加した間税会数も53
単会増加し268単会となり、全単会(438単会)6割強を占めることと
なりました。
 引き続き、「税の標語」の募集活動について積極的な取組みをお願い申
し上げますとともに、e−
Taxの利用促進や、マイナンバー制度の適正
利用と周知活動にもご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
 終わりに、会員の皆様のご健勝と事業のご繁栄、各局間連及び傘下間
税会並びに業種団体の益々のご発展を祈念しております。
 また、国税ご当局の皆様のご健勝、ご活躍をお祈りいたしますととも
に、当連合会及び傘下団体の運営につきまして、一層のご理解とご支援
を賜りますようお願い申し上げまして、新年のご挨拶といたします。

<< 戻る >>



*